プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

取材日 : 2011年11月4日

両神ふるさとまつり・西秩父商工祭(小鹿野町両神小森)

11月3日文化の日、毎年恒例の両神ふるさとまつりが開催されました。

各種イベントで会場内は大変な盛り上がりでした。

※取材にあたり、西秩父商工会様のご協力を頂きました。

 

特設ステージでは秩父屋台囃子、柏沢神楽、竹平獅子舞など、秩父地方の郷土芸能や、有名演歌歌手による歌謡ショー、お笑いグループの漫談が催され、会場を埋め尽くした観客から、惜しみない拍手が送られていました。

 

会場には、農産物・特産品の販売ブースや模擬店が軒を並べ、老若男女、誰でも楽しめる盛り沢山の内容でした。

 

 

隣接した体育館では、文化作品展も開かれ、地域の人たちの俳句・短歌・手芸・陶芸・絵画とバラエティーに富んだ力作に、来場者は見入っていました。

 

両神ふるさとまつりに併設された同会場では、「西秩父商工祭」が行なわれました。

※取材にあたり、西秩父商工会様のご協力を頂きました。

 

小鹿野町と秩父市吉田の商工業者が企画・運営している同祭は、来場者参加型のイベントやユニークな催しが中心です。 恒例の猿回しでは、猿の見事な演技に、多くの家族連れが歓声をあげていました。

 

 

 

 

取材日 : 2011年9月13日

シュウカイドウ(小鹿野町般若・札所32番法性寺)

小鹿野町・秩父札所32番法性寺の境内に咲く秋海棠(シュウカイドウ)の花が見頃を迎えています。シュウカイドウは、夏の終わりから秋にかけて垣根や日影に淡紅色の花を咲かす多年草です。山門をくぐり、観音堂まで続く石段を登っていくと、境内の至る所に咲くピンク色のかわいいシュウカイドウの花が咲き乱れ、参拝者やハイカーの目を楽しませています。法性寺のシュウカイドウの見頃は、例年9月下旬頃ですので、まだしばらくの間、境内を可憐な花で埋めつくしそうです。

取材日 : 2011年8月8日

小鹿野町七夕フェスティバル(小鹿野町)

8月6日(土)に、小鹿野町で七夕フェスティバルが行われました。秩父地方では、1ヵ月遅れで七夕が開催されます。この日は小鹿野町の商店街が、およそ2キロメートルにわたって、七夕飾りで彩られました。

露店や、サンバショー、特撮ヒーローショーなど様々な催し物が開催され、多くの人で賑わっていました。

取材日 : 2011年6月20日

花しょうぶ園(小鹿野町両神小森)

前回の取材から5日経った「花しょうぶ園」のハナショウブは現在8分咲きで見頃を迎えております。午前中は晴天に恵まれ、沢山の観光客、カメラマンで賑わっていました。

取材日 : 2011年6月15日

花しょうぶ園(小鹿野町両神小森)

小鹿野町両神小森の「花しょうぶ園」に咲いているハナショウブが現在3~4分咲きの状態です。

およそ5,000平方メートルの敷地内に、白、ピンク、紫など100類、約10,000株のハナショウブが植えられています。例年より7日程度開花が遅れているようですが、今週末から来週にかけて見頃を迎えそうです。

入場は無料で、駐車場も完備されています。

 

取材日 : 2011年5月13日

小惑星探査機「はやぶさ」展示

小惑星探査機「はやぶさ」の特別展示が小鹿野町にある小鹿野文化センターにて行われています。会場にはカプセルの本体や搭載電子機器部、パラシュート、背面ヒートシールドが展示され、はやぶさについてのパネルも並んでいます。背面ヒートシールドは、大気圏を通過する際に1万〜2万度の高温に達した焦げ跡が生々しく残り、町内の幼稚園児や小・中学、高校生が興味深そうに見学していました。

 

一般公開

14日(土)~17日(火) 入場無料

午前9時~午後7時(入場は午後6時30分まで)

最終日は午後5時(入場は午後4時30分まで)

 

取材日 : 2011年4月25日

岩殿沢・花桃(秩父市小鹿野)

花桃街道の花桃は一部散り始めていますが、もうしばらく楽しめそうです。

 

取材日 : 2011年4月21日

岩殿沢・花桃(秩父市小鹿野)

国道299号から札所31番観音院に向かう道のりに花桃街道があり、約1,000本の花桃が植えられています。一部開花の遅れているところもありますが、ほぼ満開状態で見頃を迎えております。

取材日 : 2011年1月24日

尾ノ内百景(冷っけぇ~)の氷柱(小鹿野町)