プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

記事掲載日 : 2019年9月8日

ちちぶ乾杯共和国 建国宣言DAY(秩父市野坂町)

秩父のお酒が味わえる1日

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAYが、2019年9月8日(日)に、西武秩父駅前温泉 祭の湯 駐車場にて開催されました。

ちちぶ乾杯共和国とは、埼玉県内で唯一、5種類(ウイスキー・ビール・日本酒・焼酎・ワイン)のお酒を生産している酒処ちちぶをPRするイベントです。

11時の開式の後、秩父市長による建国宣言が行われ、会場に訪れた人たち全員で一斉乾杯をしてスタートとなりました。

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

ちちぶ乾杯共和国建国宣言DAY

当日は台風の影響が心配されましたが、約3,000名の来場者が訪れ大盛況となりました。

会場は、秩父産のお酒が楽しめるドリーム酒ゾーンと地元B級グルメが大集合のパラダイス飲食ゾーンに分かれていました。

ステージでは秩父市出身のお笑い芸人のアキラ100%さんによるネタ&トークショーや地元ミュージシャンによる音楽ライブ、限定非売品のイチローズモルトが当たる大抽選会などで盛り上がりました。

記事掲載日 : 2019年8月12日

下吉田フルーツ街道 案山子(かかし)祭り(秩父市下吉田)

趣向を凝らした案山子たちがお出迎え!?

7月22日(土)~9月22日(日)の期間、秩父市下吉田フルーツ街道に案山子の展示が行われています。

地元の施設や学校、個人等から応募のあった案山子約40体が街道沿いに展示されています。

今年は令和やオリンピックにちなんだものから、テレビの人気キャラクター等、趣向を凝らしたユニークな案山子が車窓から楽しめます。

ブルーベリー、ぶどう等旬のフルーツ満載のフルーツ街道にぜひ足を延ばしてみてください。

人気のちちぶ山ルビーも8月中旬より販売開始

フルーツ街道では現在ブルーベリー狩り、8月上旬より、ぶどう狩りが楽しめます。

 

■ぶどう園・ブルーバリー開園中

ブルーベリー農園、ぶどう農園の情報は秩父観光農林業協会公式サイトをご覧ください。

記事掲載日 : 2019年8月8日

番場七夕祭り(秩父市番場町)

秩父地方の月遅れの七夕まつり

秩父神社参道の番場通りにて、今年も番場七夕祭りが行われました。

秩父地方は月遅れの七夕祭りで、8月7日頃に秩父郡市内の各所で七夕祭りが行われます。

石畳が特徴の番場通りに彩り鮮やかな七夕飾りが飾り付けられ、フラダンスや演奏の披露など、様々な催しが行われました。

日中の暑さが和らいだ夕暮どきから、子どもから大人まで多くの人が集まり賑わっていました。

記事掲載日 : 2019年5月1日

令和元年初日の秩父神社周辺(秩父市番場町)

ちちぶインフォオラータ2019開催

令和元年初日の5月1日(水)に、秩父神社境内にて、ちちぶインフィオラータが秩父で初めて開催されました。インフォオラータとはイタリア語で花を敷き詰める、花をまくという意味。

色鮮やかななインフォオラータを県外の方々を中心の参加者が仕上げていきました。今回制作したインフォオラータは、ゴールデンウィーク期間中の5月6日(月)まで秩父神社境内に展示されています。

令和元年を記念して祝太鼓も披露

元号改元にあわせて、秩父神社前番場通りにて秩父屋台囃子20連太鼓」が披露されました。時代は平成から令和へ。勇壮な秩父屋台囃子の演奏の中、秩父の日本酒で書か見開きや振る舞い酒も行われ、多くの観光客の方々で賑わっていました。

記事掲載日 : 2019年3月16日

西武鉄道特急「Laview」が運転開始(秩父市野坂町)

新型特急「Laview(ラビュー)」ついにデビュー!!

3月16日(土)、西武鉄道新型特急「Laview」がいよいよ運行を開始。

西武秩父駅では、朝7時30分に池袋駅を出発した新型特急「Laview」を出迎える歓迎イベントが行われました。

「Laview」の特徴は未来的な球面形状の全面とフォルムとシルバーの車体、大きな窓と黄色い座席が特徴です。

西武秩父駅には秩父市長をはじめ、秩父旅館業協同組合の女将さん、銘仙レディー、秩父観光協会のほか、秩父市のイメージキャラクター ポテくまくん、お隣横瀬町からはブコーさん等が総出で「Laview」を小旗を振りながらお出迎え。「Laview」が駅に到着すると大歓声が起こりました。

西武秩父駅構内では、祭の湯マルシェも同時開催されました。

「Laview」で到着された人たちに地元、秩父農工科学高等学校の秩父屋台囃子保存会による演奏披露や秩父農林振興センターによるいちごの無料配布、秩父の地酒が振舞われました。

秩父地方はそろそろ桜の開花も始まり、4月中旬頃から芝桜の開花も始まります。

観光シーズンも始まり、新型特急「Laview」の活躍が期待されます。

新型特急「Laview」は当面の間、特急「ちちぶ」「むさし」(池袋~飯能~西武秩父)として、平日下り5本と上り6本、土日休日上下各5本運行されます。

 

 

★新型特急Laviewの情報は「Laview」公式サイトをご覧ください。

 

※今回の取材にあたり、秩父旅館業協同組合様、秩父市観光課様、西武鉄道西武秩父駅様のご理解と協力をいただきました。

記事掲載日 : 2018年11月19日

秩父華厳の滝ヒーリングナイト(皆野町上日野沢)

埼玉クールスポット100選にも選ばれた皆野町の癒しスポット

11月16日(金)~18日(日)の3日間、恒例となった秩父華厳の滝ヒーリングナイトが開催され、紅葉が見ごろとなった秩父華厳の滝がライトアップされました。

また、東秩父村とのコラボ企画として、17日(土)、18日(日)の2日間には和紙ランタンが会場内に飾られました。

最終日の18日(日)の夜には、かがり火とライトに照らされた幻想的な空間の中、雅楽の演奏や日野澤大神社の神楽が行われ、来場者を楽しませました。

記事掲載日 : 2018年11月4日

第5回 皆野横丁(皆野町)

今年で5回目!!皆野町に昭和レトロな飲み屋横丁が出現!!

11月4日(日)、秩父鉄道・皆野駅前にて昔懐かしい昭和レトロな飲み屋横丁を再現した第5回皆野横丁が開催されました。

今年も皆野町内の商店が皆野駅前に大集合。交流のある浅草からも有名和菓子店の和菓子も販売されました。

会場内では音楽ライブが披露され、訪れた人たちはゆっくりと食事を楽しんだり、食べ歩きを楽しみました。

記事掲載日 : 2018年10月28日

第21回萩平歌舞伎舞台公演(秩父市寺尾)

秩父の秋の風物詩 萩平歌舞伎公演が行われました

埼玉県指定有形民俗文化財「萩平歌舞伎舞台」にて、今年で21回目となった萩平歌舞伎公演が10月28日(日)に行われました。

萩平舞台は昔ながらの茅葺屋根が目印の農村歌舞伎舞台で、明治初期に地元の人たちの手でつくられた舞台です。

当日は秋晴れの空の下、地元小学生による子ども歌舞伎や秩父歌舞伎正和会による歌舞伎のほか、秩父屋台囃子、津軽三味線なども披露されました。

同時開催で第13回萩平さんぽ展も行われ、絵画や陶芸作品等の展示が行われました。

記事掲載日 : 2018年9月9日

雷門盆踊り~夢灯篭~(東京都台東区浅草)

皆野町から秩父音頭まつりと秩父屋台囃子が浅草へ!!

雷門のすぐ目の前、2020年に開催される東京オリンピックのマラソンコースにも選ばれている浅草・並木通りにて雷門盆踊りが開催されました。

今年は隅田川つながりで2017年より交流のある皆野町が、秩父音頭まつりで使用されるやぐらの設置と今年の秩父音頭まつりの優秀チームである皆野中学校ソフトテニス部等が代表して秩父音頭の披露が行われ、来場した数多くの人たちからも拍手をいただいていました。

さらに秩父屋台囃子の演奏も行われ、勇壮な太鼓の音が浅草に響き渡りました。

地元浅草の商店街が協力して、雷門の前で踊れるを合言葉に始まった雷門盆踊りは今年で2回目の開催となります。

並木通りを車両通行止めにして数千人規模の盆踊りが行われました。

有名な東京音頭や東京五輪音頭2020の盆踊りのほか、秋田県湯沢市の「絵どうろう」が点灯され、夏のフィナーレを飾るにふさわしい盆踊り大会となりました。

記事掲載日 : 2018年8月9日

「秩父音頭と金子伊昔紅、金子兜太親子展」(皆野町)

第50回合歓の盆秩父音頭まつり記念

皆野町文化会館(秩父音頭会館)ホワイエにて、秩父音頭の生みの親、俳人金子伊昔紅(いせっこう)先生 や今年2月にご逝去された俳人、金子兜太先生ゆかりの作品・資料の特別展示を行っております。

皆野町内各所で大切に保管されていた貴重な作品・資料の数々が展示されています。

8月14日には第50回を迎える秩父音頭まつりが開催されます。

皆野町役場駐車場のお祭り広場には、台風一過の青空の下、やぐらの設置が行われていました。秩父音頭まつりまであと5日、皆野町内はお祭りムードが高まってきています。

■第50回秩父音頭まつり記念 「秩父音頭と金子伊昔紅、金子兜太親子展」
開催期間:2018年8月6日(月)~8月26日(日) 9時~17時
展示場所:皆野町文化会館(秩父音頭会館)ホワイエ
住所:埼玉県秩父郡皆野町大字皆野1423番地
問い合わせ:皆野町観光協会 0494-62-1462
入  場  料:無料

 

★第50回秩父音頭まつり/秩父音頭と金子伊昔紅、金子兜太親子展に関する詳しい情報は皆野町観光協会公式サイトをご覧ください