プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

記事掲載日 : 2013年11月11日

第24回贄川宿秋の縁側展(秩父市荒川白久)

 秩父市荒川白久の贄川宿で11月9日(土)、10日(日)の2日間「贄川宿秋の縁側展」が開催されました。

※今回の取材にあたり、荒川商工会の方々のご理解・ご協力を頂きました。

※取材日 11月9日 (土)

 

 贄川宿は江戸時代の頃から、三峯神社参詣の宿場町として栄えていました。当時の名残を残す縁側を使い、秩父をテーマとした絵画や写真・織物の展示や販売が行われています。手作りの展示品も多く、訪れた観光客の方々も自然と笑みがこぼれていました。

 

記事掲載日 : 2013年11月4日

龍勢ライダーズカップ2013第3戦(秩父市下吉田)

秩父市下吉田・取方総合運動公園にて、幼児向けのペダルの無い自転車(ランバイク)を使って順位を競う「龍勢ライダーズカップ2013第3戦 in 吉田よいとこ祭」が開催されました。秩父内外から約150名、2才~5才の元気なチビッ子ライダーが集まり、熱戦を繰り広げました。

龍勢ライダーズカップは、秩父市吉田に古くから伝わる伝統行事「龍勢」にちなんで命名されました。秩父市下吉田で活動をする井上青年会が、2012年夏に町興しのイベントとしてスタートさせました。昨年の吉田よいとこ祭に続き、2年連続の吉田よいとこ祭と同時開催となりました。
■龍勢ライダーズカップオフィシャルサイトはこちら

※今回の取材にあたり、井上青年会様の協力をいただきました。

吉田よいとこ祭(秩父市下吉田)

周辺の木々も色づき始めた11月4日(月・祝)、秩父市下吉田・取方総合運動公園にて、今年で30回目を迎えた吉田よいとこ祭が行われました。今年もステージでは、郷土芸能や歌謡ショー等が、祭に訪れた数多くの人たちを楽しませました。
山村の味コーナーでは、地元産品直売、恒例の埼玉県産黒毛和牛の限定焼肉販売等も行われ、秩父市吉田の良いところを堪能しました。

その他にも猿回し、ミニ電車やキリンのフワフワ、痛車の展示コーナー、隣のグラウンドでは地元の井上青年会が主催する龍勢ライダーズカップ2013第3戦も開催され、たくさんのチビッ子たちで賑わっていました。
■龍勢ライダーズカップの様子はこちら

記事掲載日 : 2013年10月28日

キャンドルナイトinちちぶ(秩父市)

 10月27日(日)に、秩父駅から秩父神社周辺にかけて「キャンドルナイトinちちぶ」が開催されました。

 同イベントは(社)秩父青年会議所の主催で、約10,000個のキャンドルナイトと銘打ち行われました。取材当日は好天に恵まれ、キャンドルナイトへ向けたくさんのボランティアの方々が準備を行っていました。

 今回は「ランバイクチャレンジシリーズinちちぶ」も同日開催され、秩父駅前は早朝からたくさんの親子連れや観光客などで賑わっていました。

 

※取材にあたり(社)秩父青年会議所のご協力をいただきました。

 他にも地元飲食店による飲食ブースの出店や、アーティストによる音楽ステージ、地元高校生によるライブ、柞の杜イルミネーションの点灯など、たくさんのイベントが同時開催され訪れた人を楽しませていました。

 

第36回よこぜまつり(横瀬町)

 2013年10月27日(日)、横瀬町町民会館駐車場で「よこぜまつり」が開催されました。当日は秋晴れの快晴となり、約8,000人の来場者で賑わいました。 

よこぜまつり_01 よこぜまつり_02 よこぜまつり_03 よこぜまつり_04 よこぜまつり_05 よこぜまつり_06

 

 横瀬町のキャラクター「ブコーさん」とふれあうイベントやミニコンサートの他、「里宮の神楽」「芦ヶ久保の獅子舞」「横瀬の人形芝居」といった伝統芸能など、老若男女を問わず楽しめるイベントが多数催されました。

よこぜまつり_07 よこぜまつり_08 よこぜまつり_09 よこぜまつり_10 よこぜまつり_11 よこぜまつり_12

 また、地元地区の露店で振舞われる、地元横瀬町の郷土料理や、東北物産キャンペーンの特産品販売も大人気。毎年恒例となったヒーローショーは子供たちだけでなく大人も大きな声援を送り、会場全体が盛り上がっていました。

 

記事掲載日 : 2013年10月21日

秩父人形サミット2013inあらかわ

 10月26日(日)秩父市立荒川中学校体育館で、秩父地域の伝統的な人形芝居、「横瀬の人形芝居」「白久の串人形」「出牛(じゅうし)人形浄瑠璃」が一同に会し、その伝統と技を競う「秩父人形サミット2013inあらかわ」が行われました 。
 秩父地域に伝わる人形芝居三座の公演が同時に見られるとあって、あいにくの雨にも関わらず会場は熱心な見学者が多数訪れていました。
 ※取材にあたり、保存会の方々の多大なるご理解・ご協力をいただきました。

 

 
   人形の操作方法にはそれぞれ特徴があります。一人遣いの「横瀬の人形芝居」。二人遣いの「白久の串人形」。三人遣いの「出牛人形浄瑠璃」で、説経節と義太夫が語られるのも特徴です。
 かつて秩父地域では人形芝居が盛んで、縁日や村祭りで神社の境内あるいは農家の軒先で座敷を開放したりと多くの方に親しまれていました。 しかし、近年の過疎化と高齢化が進むなか、地域文化の振興と伝統文化を守り伝える相互交流の場として、同サミットが開催され今年で三回目を数えます。
 
 
 
  なお、各座及び演目は以下の通りです。
・埼玉県指定無形民俗文化財 白久の串人形(秩父市荒川)/赤城の子守歌
・埼玉県指定有形民俗文化財 出牛人形浄瑠璃(秩父郡皆野町)/壺坂観音霊験記
・埼玉県指定無形民俗文化財 横瀬の人形芝居(秩父郡横瀬町)/芦屋道満大内鑑より「葛の葉子別れの段」

秩父はんじょう博(秩父市)

 10月19日(土)・20日(日)の2日間、秩父ミューズパークで、秩父はんじょう博が行われました。生憎の空模様でしたがたくさんの人が訪れていました。

※取材にあたり、秩父商工会議所様のご協力をいただきました。

※取材日:10月19日(土)

 今年で18回目を迎える秩父はんじょう博は、地元の郷土料理・特産品をはじめ、秩父地域の商工業者が多数出店しています。山梨県や寄居町からも多くの出店があり、各ブースとも多くの人出で賑わっていました。
 また、積み木タワー作りや射的ブース、フワフワといった趣向を凝らしたイベントや音楽堂ではブラスバンドやフラメンコ、三味線や秩父屋台囃子等が上演され、小さなこどもからお年寄りまで楽しめる2日間でした。

記事掲載日 : 2013年9月30日

秩父札所めぐりウルトラマラソン(秩父市/横瀬町/皆野町/長瀞町/小鹿野町)

 9月28日に秩父郡市の1市4町で、「札所めぐりウルトラマラソン」が開催されました。

 秩父三十四ヶ所の観音霊場は、坂東三十三ヶ所、西国三十三ヶ所と共に、日本百番観音に数えられています。秩父札所巡礼は、1番の四萬部寺から34番の水潜寺まで、静寂な山村と美しい自然の風光を背景に一巡約100㎞程あります。

 同大会は、来年の札所午歳総開帳を記念するプレイベントとして行われました。全長84㎞、標高差418m、獲得標高1,639mと大変厳しいコースです。

 スタートは早朝5時30分という過酷なコンディションの中、500名以上の参加者がレースに臨みました。

 取材当日は天候にも恵まれ、ランナーは澄み切った秋空の秩父盆地を、爽快に駆け抜けていました。

 

 平成26年は12年に一度の札所午歳総開帳です。この機会に秩父札所めぐりに訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 競技内容などの詳しい情報はこちら→→→秩父札所めぐりウルトラマラソン

 

 秩父札所の詳しい情報はこちら→→→秩父札所連合会

記事掲載日 : 2013年9月13日

関東圏ジオパークフェアin秩父(秩父市)

9月12日(木)秩父市歴史文化伝承館2Fホールにて、関東圏ジオパークフェアin秩父と題して、秩父市、下仁田(群馬県)茨城県北、箱根(神奈川)、銚子(千葉)、伊豆大島(東京)の関東圏のジオパークが集まり活動発表会が行われました。当日は一般公開もされ、各ジオパークのポスターやパネル、特産品の展示も行われました。

秩父ジオパーク会長である久喜市長の開会挨拶から始まり、各ジオパークの活動報告、取り組み、今後の活動等が20分以内のプレゼン形式で紹介されました。
参加者からの質問や情報交換等も行われ、関東圏ジオパークの交流を深めました。

 

■関東圏ジオパークホームページはこちら

ジオパーク秩父

下仁田ジオパーク

茨城県北ジオパーク

箱根ジオパーク

銚子ジオパーク

※当日の活動報告の発表順

記事掲載日 : 2013年8月25日

あの花夏祭inちちぶ(秩父市)

 8月24日、秩父神社前、妙見の森周辺で、「あの花夏祭inちちぶ」が開催されました。同イベントは、秩父を舞台にしたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の劇場版公開を記念して行われました。(劇場版公開予定8月31日)

 

 会場では、アニメのクイズ大会や秩父限定のグッズ販売、アニメ声優のプレゼント抽選会などが行われたくさんのアニメファンが訪れていました。

 今回のイベントでは「あの花龍勢」の募金も行われ、吉田の「龍勢祭」(毎年10月第二日曜日開催)には、一昨年からあの花をテーマにした龍勢が打ち上げられ、「龍勢祭」の新たな名物として注目を浴びています。

 今年の龍勢祭は10月13日に予定され、集めた募金をもとにあの花龍勢が打ち上げられる予定です。

 

 秩父市内ではスタンプラリーやあの花ギャラリーの開放も行われ、アニメのコスプレをした若者も大勢見受けられ、街中はあの花一色に染まりました。

 夕方からは、秩父神社境内で劇場版の先行上映会が開催され、幸運にも招待されたファンは新作劇場版に見入っていました。

 

 ※あの花劇場版の情報はこちら→→→あの花公式サイト

 ※吉田の龍勢祭の情報はこちら→→→秩父観光なび