プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

取材日 : 2019年12月9日

第7回秩父人形サミット2019 in みなの(皆野町)

今も守り継がれる伝統 秩父の人形芝居が皆野町に大集合!!

12月8日(日)皆野町文化会館ホールにて、秩父人形サミット2019 in みなの が開催されました。

今年で7回目を迎える秩父人形サミット。横瀬の人形芝居、白久の串人形芝居、出牛浄瑠璃人形が一同に会するとあって、会場は多くの来場者で賑わっていました。

秩父人形サミット2019 in みなのの画像

秩父人形サミット2019 in みなのの画像

 

横瀬の人形芝居

横瀬の人形芝居の人形は70~80㎝程度。首、手、胴輪、衣装(着物)から成り立ちます。着物の背中の切り口から手を入れて操る「突っ込み式」で、一人遣いとなります。

横瀬の人形芝居の画像

上演前に横瀬人形芝居の人形、舞台についての説明がされました。

横瀬の人形芝居の画像

国内唯一の廻り舞台が特徴です。場面転換の際に舞台がぐるっと360度回転します。語りは、三味線を伴奏とした説経節(若松派)となります。

横瀬の人形芝居の画像

日高川入相桜より「清姫怨霊の段」が上演されました。

横瀬の人形芝居の画像

 

白久(しろく)の串人形芝居

白久の串人形芝居は、全国でも例を見ない二人遣いが特徴です。

白久の串人形芝居の画像

主遣いが人形の支え棒を持ち、首につながる篠竹や引き栓を操作して、首(頭)や目、眉を動かして表情を付けます。手遣いは、竹串を操作して左右の手を操ります。二人の呼吸が要求される人形芝居となります。

白久の串人形芝居の画像

白久の串人形は江戸末期に白久の豆早原(ずさばら)地区の人が、宴会で箸に手ぬぐいを巻き付けて人形にして、説経節に合わせて踊ったのが始まりと言われています。

白久の串人形芝居の画像

「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」が上演されました。

白久の串人形芝居の画像

 

出牛浄瑠璃(じゅうしじょうるり)人形

皆野町金沢出牛(じゅうし)地区は、かつて中山道筋の本庄・児玉方面から秩父へと続く重要な道筋で、かつては出牛宿として栄えました。

出牛の人形芝居は他の人形芝居よりも人形が80~90センチと大きく、三人遣いが特徴です。

出牛浄瑠璃人形の画像

主遣いが左手で人形の首を、右手で人形の右手を操ります。左遣いは人形に左手、足遣いは両足を操ります。

一帯を3人で操るため、修練を積まないと人形の動きがばらばらになってしまいます。3人遣いの操作により、より細やかな人形の動きの表現が可能になります。

出牛浄瑠璃人形の画像

出牛浄瑠璃は義太夫節で語られます。

出牛浄瑠璃人形の画像

明智光秀をモデルとした武智光秀が主人公の絵本太功記 「尼崎の段」が披露されました。

出牛浄瑠璃人形の画像

山間の秩父地方で受け継がれてきた人形芝居ですが、現在は上記3か所の人形芝居が伝統を受け継ぎ定期的に上演をしています。

埼玉県内ではもう一か所、三芳町竹間沢の車人形が今も上演可能です。

取材日 : 2019年11月21日

秩父路紅葉 国神の大イチョウと姫イチョウ見ごろです(皆野町国神)

埼玉県指定天然記念物 国神の大イチョウ

まだ少し黄緑色の部分はありますが、黄金色に染まり見ごろの状態となりました。今週末は良い状態が楽しめると思われます。

すぐ近くにあるもう一本の姫イチョウも見ごろを迎えています。

 

<ご注意>

国神の大イチョウの近くには駐車場がありません。お車でお越しの際は近くにある長言寺の駐車場に駐車して見学をしてください。

 

長言寺 埼玉県秩父郡皆野町大字国神560番地

国神の大イチョウの画像

国神の大イチョウの画像

国神の大イチョウの画像

国神の大イチョウの画像

国神の姫イチョウ

樹齢700年の国神の大イチョウから東南東に約150メートル。

もう一本の巨木、姫イチョウも見ごろを迎えています。こちらの方が若干色づきが進んでいて、きれいな黄金色に染まっています。

こちらの巨木は知知父姫命(ちちぶひめのみこと)の墓のほとりに植えられたという言い伝えがあります。

国神姫イチョウの画像

国神姫イチョウの画像

国神姫イチョウの画像

取材日 : 2019年11月14日

秩父路紅葉 秩父華厳の滝周辺の紅葉(皆野町上日野沢)

週末は秩父華厳の滝ヒーリングナイトを開催

皆野町の代表的なヒーリングスポット、秩父華厳の滝周辺も11月中旬となり、紅葉の色づきも増してきました。11月8日(金)より、ライトアップも好評開催中です。

11月16日(土)、17日(日)には秩父華厳の滝ヒーリングナイトが開催される予定です。ライトアップされた幻想的な空間の中、神楽やコンサートが開かれる予定です。

両日ともに限定100食で郷土料理ふるまわれます。ぜひお出かけください。

秩父華厳の滝の画像

秩父華厳の滝の画像

秩父華厳の滝の画像

秩父華厳の滝の画像

秩父華厳の滝ライトアップ2019

開催日:2019年11月9日(土)~17日(日)※雨天の場合は中止
時間:17:00~20:30※17日は20:00まで
場所:皆野町下日野沢・秩父華厳の滝※無料駐車場有(無料シャトルバス)
お問い合わせ先:皆野町観光協会
電話番号:0494-62-1462

★詳しい情報は皆野町観光協会公式サイトをご覧ください

秩父路紅葉 国神の大イチョウ(皆野町国神)

樹高22.7m 埼玉県指定天然記念物の大イチョウ

国神の大イチョウは昨年同時期と比べるとまだ緑色の部分が多いですが、少しづつ色づき始めています。

来週の半ばから週末くらいには良い状態となるでしょう。

 

<ご注意>

国神の大イチョウの近くには駐車場がありません。お車でお越しの際は近くにある長言寺の駐車場に駐車して見学をしてください。

 

長言寺 埼玉県秩父郡皆野町大字国神560番地

国神の大イチョウの画像

国神の大イチョウの画像

国神の大イチョウの画像

国神の大イチョウの画像

国神の大銀杏より、さらに車で約5分程度、秩父華厳の滝ライトアップも11月17日(日)まで開催中です。

 

秩父華厳の滝ライトアップ2019

開催日:2019年11月9日(土)~17日(日)※雨天の場合は中止
時間:17:00~20:30※17日は20:00まで
場所:皆野町下日野沢・秩父華厳の滝※無料駐車場有(無料シャトルバス)
お問い合わせ先:皆野町観光協会
電話番号:0494-62-1462

★詳しい情報は皆野町観光協会公式サイトをご覧ください

取材日 : 2019年11月5日

歌と踊りの宴で乾杯!第6回 皆野横丁(皆野町)

昔懐かしい昭和レトロな飲み屋横丁が出現

11月4日、この時期恒例となったイベント「第6回皆野横丁」が開催され、秩父鉄道・皆野駅周辺はたくさんの人出でにぎわいました。

皆野横丁とは、仲の良い仲間と談笑しながら、美味しい地元のお酒や料理を楽しむイベントです。会場内に設置されたステージでは音楽ライブも披露され会場も盛り上がりました。

第6回皆野横丁の画像

第6回皆野横丁の画像

第6回皆野横丁の画像

第6回皆野横丁の画像

第6回皆野横丁の画像

 

取材日 : 2019年10月30日

絶景の美の山公園 雲海(皆野町/秩父市)

秩父雲海シーズン到来

秩父の雲海の発生率が上がってきました。

美の山公園ではたくさんのカメラマンが雲海の撮影を行っていました。

秩父の雲海は、昼夜の温度差が上がる10月中旬から11月中旬頃が発生しやすい時期となります。

美の山雲海の画像

美の山雲海の画像

美の山雲海の画像

美の山雲海の画像

美の山雲海の画像

美の山雲海の画像

秩父ミューズパーク展望台には、秩父雲海ライブカメラ設置しております。展望台からの様子はネット配信中です。ぜひご利用ください。

 

★秩父雲海カメラの情報は「秩父観光なび」をご覧ください。

「秩父雲海ライブカメラhttp://navi.city.chichibu.lg.jp/cloudview/

取材日 : 2019年10月9日

上三沢 キバナコスモス開花中(皆野町三沢)

秋の秩父路を彩る秋桜(コスモス)の花畑

皆野町三沢のキバナコスモスが、ほぼ見ごろを迎えました。

青空の下、風に揺れるコスモスが広さ約1,675平方メートルの敷地一面に咲いています。キバナコスモスは11月中旬頃まで楽しめるそうです。

 

取材日 : 2019年8月16日

立沢の虫送り(皆野町上日野沢)

”皆野町山間部に古くから伝わる伝統祭事”虫送り”

8月16日、皆野町上日野沢立沢地区にて、立沢の虫送りが行われました。

立沢の虫送りは、七夕飾りを集会所に持ち寄り、長い竿竹に取り付け、3本の梵天を作ります。その3本の梵天を先頭に笛と太鼓を鳴らしながら、地区内を練り歩きます。

古くは害虫や疫病等、「悪疫退散」の願をかけて、村(地区)から悪霊を追い払おうとしたのが始まりと云われています。

取材日 : 2019年7月31日

ムクゲの花が見ごろです(皆野町)

ムクゲ自然公園の10万本のムクゲの花開花中

皆野町ムクゲ自然公園の10万本のムクゲの花が見ごろを迎えました。

一重や八重の花、白やピンクなど、色鮮やかな花々が訪れる人たちの目を楽しませます。

ムクゲの花の見ごろは9月上旬頃まで楽しめます。

ムクゲ自然公園では、9月8日まで、イベントたくさんのムクゲまつりも開催しております。ぜひお出かけください。

ムクゲまつり開催中!!

開花状況などのお問合せ:ムクゲ自然公園 電話番号:0494-62-1688
休園日:月曜日(7/14~9/8までは無休)

入園料:大人 500円(中学生以上)、子供 無料

★「ムクゲ自然公園」公式サイトはこちら

 ムクゲ自然公園公式Twitterアカウントはこちら

取材日 : 2019年7月27日

親鼻の祇園祭り(皆野町)

珍しい夜川瀬 親鼻の祇園祭

昨年は台風の影響で中止となってしまい今年も台風の影響も心配されましたが、親鼻の祇園祭りが開催されました。

親鼻の祇園祭りは全国でも珍しい夜に行われる川瀬の神事です。

辺りが薄暗くなったころ、ライトとたいまつで照らされた親鼻橋下の荒川に、神輿の担ぎ手が入っていきます。

夜の荒川に入った神輿は担ぎ手たちの手によって何回転も転がされ、吸い取った地域の厄を流します。これを3回行います。

夜行われる川瀬の神事はやはり勇壮です。最後は花火が打ち上げられ、観客の拍手とともに夜川瀬の神事はフィナーレとなりました。