プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

取材日 : 2017年2月14日

道の駅「龍勢会館」 福寿草(秩父市吉田久長)

秩父市吉田久長・道の駅「龍勢会館」裏の福寿草の開花が始まりました。

福寿草は春を告げる花として知られ毎年2月頃に黄色い花を咲かせます。珍しい秩父紅という品種の福寿草も含め、 龍勢会館裏の福寿草は2月下旬頃まで楽しめます。

■道の駅「龍勢会館」

開館時間:9:00~16:30

休館日:火曜日(祝祭日は開館、翌日休館)

※隣接の龍勢茶屋には、お食事、農産物直売所があります。

取材日 : 2017年2月1日

三十槌の氷柱(秩父市大滝)

秩父市大滝にある三十槌の氷柱の様子です。
ここ数週間の寒さもあってか、現在見頃を迎えています。
例年見頃は2月中旬から下旬ぐらいまでとなっています。
取材当日は100名を超える観光客が訪れ、自然が作り出した氷の芸術に感嘆の声をあげていました。

■三十槌の氷柱ライトアップ

期間:平成29年1月14日(土)~2月12日(日)
時間:【平日】17:00~19:00、【土・休日】17:00~21:00
※ライトアップの期間は天候・気象状況により変更になる場合がございます。

特産品と甘酒の販売等

日時:平成29年2月5日(日) 10:00~15:00
場所:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

★三十槌の氷柱情報は秩父観光なびをご覧ください

取材日 : 2017年1月19日

三十槌の氷柱 ライトアップ(秩父市大滝)

秩父市大滝にある三十槌(みそつち)の氷柱ライトアップの様子です。
現在は最盛期の8割程度の大きさです。
取材当日はライトアップを見ようと、たくさんの観光客で賑わっていました。
山間の川面に映るライトアップされた幻想的な氷柱を、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

※お越しの際は、残雪や凍結のため足元が滑りやすくなっていますので、ご注意ください。

■三十槌の氷柱ライトアップ
期間:平成29年1月14日(土)~2月12日(日)
時間:【平日】17:00~19:00、【土・休日】17:00~21:00
※ライトアップの期間は天候・気象状況により変更になる場合がございます。

特産品と甘酒の販売等

日時:平成29年1月29日(日)、2月5日(日) 10:00~15:00
場所:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

★三十槌の氷柱情報は秩父観光なびをご覧ください

取材日 : 2017年1月13日

虚空蔵尊縁日(秩父市)

1月12・13日の2日間、秩父市にある虚空蔵寺で虚空蔵尊縁日が行われました。

※取材日 1月12日(木)

 虚空蔵尊は十二支の丑・寅年の守り本尊です。秩父地域では昔から養蚕業の守り本尊として、厚い信仰を集めています。

参道へと続く通りには、いか焼き、お好み焼き、たこ焼きなどの昔ながらの露店が並び、縁日の雰囲気が感じられ、足を進めると、名物のだるまの出店が並びます。

取材当日は厳しい寒さの中、たくさんの人が訪れていました。

 

取材日 : 2017年1月11日

三十槌の氷柱(秩父市大滝)

秩父市大滝の冬の風物詩、三十槌の氷柱(みそつちのつらら)が姿を見せ始めました。

まだピーク時の3割程度の大きさですが、氷柱は2月下旬頃まで楽しめます。

今週末からはライトアップも開催される予定です。

降雪にの影響で河川敷の歩道は一部凍結し、大変滑りやすくなっています。お出かけの際は、滑りにくい靴でお出かけください。

 

■三十槌の氷柱ライトアップ
期間:平成29年1月14日(土)~2月12日(日)
時間:【平日】17:00~19:00、【土・休日】17:00~21:00
※ライトアップの期間は天候・気象状況により変更になる場合がございます。

特産品と甘酒の販売等

日時:平成29年1月29日(日)、2月5日(日) 10:00~15:00
場所:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

★三十槌の氷柱情報は秩父観光なびをご覧ください

取材日 : 2017年1月5日

秩父地域のいちご園が開園しました

2017年1月1日に秩父地域のいちご園が開園しました。

秩父のいちごは、例年1月~6月中旬頃まで楽しめます。

毎年沢山の観光客が訪れます。

開園、閉園の時期は各園で異なります。

料金表や各農園の収穫状況は下記のサイトよりご確認ください。

 

いちご狩りの詳しい情報はこちら→→→秩父観光農林業協会

 ※取材地:和銅農園

取材日 : 2017年1月4日

秩父神社初詣の様子(秩父市番場町)

秩父神社の元日の様子です。今年は穏やかな天候で、境内周辺には数多くの参拝者で長蛇の列が出来ました。

平成29年は酉年です。酉年は何か新しい物事を始め、挑戦するのに良い年とされています。さらに「とりこむ」にも通じて、良縁や商機を取り込む商売繁盛の年とも言われています。

皆様にとって、良い一年となりますようにお祈りいたします。(WebGuide秩父編集部一同)

取材日 : 2016年12月25日

秩父神社 師走の様子(秩父市)

今年も残すところ一週間を切りました。2016年最後の日曜日となった秩父神社では、年末恒例のお正月飾りや松飾り等の露天商とそれを買い求める人出で賑わいを見せていました。

来年の干支である酉年は商売繁盛につながる年と言われています。秩父神社の混雑のピークは毎年12月30日頃という事で、早めの準備がおすすめです。

取材日 : 2016年12月5日

秩父夜祭(秩父市)

秩父夜祭大祭の様子です。豪華絢爛な笠鉾・屋台が勇壮な秩父屋台囃子にのり、冬の秩父路を曳き回されます。秩父夜祭は、秩父の総社「秩父神社」の例大祭で、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられ、毎年、12月2・3日に行なわれます。

12月2日に、「秩父祭」を含む全国の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県・計33件)が「ユネスコ無形文化遺産」に登録決定しました。その為、今年は例年よりも沢山の観光客が訪れていました。

 

360度パノラマビュー

マウスで回転できます。
スマホの場合は、向きを変えてみてください。

・本町 足利銀行さん付近(中近屋台)

[PV360 id=”001″ src=”http://www.chichibu.co.jp/360/R0010073.JPG” mediatype=”0″ height=”300px” yaw=”0″]

 

・本町信号(ふるさと館前)

[PV360 id=”002″ src=”http://www.chichibu.co.jp/360/R0010091.JPG” mediatype=”0″ height=”300px” yaw=”0″]

 

・秩父神社夕方の賑わい

[PV360 id=”003″ src=”http://www.chichibu.co.jp/360/R0010104.JPG” mediatype=”0″ height=”300px” yaw=”0″]

取材日 : 2016年12月1日

秩父祭 ユネスコ無形文化遺産 登録決定!

「秩父祭」を含む全国の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県・計33件)が「ユネスコ無形文化遺産」に登録決定しました。

秩父夜祭は、秩父の総社「秩父神社」の例大祭で、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられ、毎年、12月2・3日に行なわれます。

当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行され、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂(だんござか)を引き上げる様子は大迫力です