プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

記事掲載日 : 2012年10月9日

あらかわB級グルメと秋そばの花見まつり(秩父市荒川上田野)

 10月6日(土)7日(日)に秩父市荒川上田野ちちぶ花見の里で、「あらかわB級グルメと秋そばの花見まつり」が行われました。

2日間で約4000人が来場し、打ちたてのそばを楽しんでいました。

当日は秩父市を本拠地に構えてるパフォーマンス集団、セッチセテンブロの秩父屋台囃子をアレンジしたドラムパフォーマンスも行われ会場を賑わせていました。

朝晩秋らしくなり、そばのおいしい季節になりますので、ぜひ秩父路荒川に足を運んでみてはいかがでしょうか。

取材日:10月7日

記事掲載日 : 2012年10月1日

寺坂棚田彼岸花まつり(横瀬町)

9月29日(土)、横瀬町の寺坂棚田で「寺坂棚田彼岸花まつり」が開催されました。

武甲山を背景にして、約5.2ヘクタールの広大な棚田に収穫された稲穂や、植えられた約30万球の美しい彼岸花を見ることができます。

当日は天候にも恵まれ絶好の散策日和となり、散策や写真撮影をする多くの来場者で賑わいました。

また、棚田では古代米・ミルキークイーンなどの品種が収穫時期を迎えており、会場で古代米の餅つきなどのイベントが行われました。できたての餅はその場で振る舞われ、来場者は一足早い秋を味わっていました。

記事掲載日 : 2012年8月23日

下吉田フルーツ街道案山子(かかし)祭り

 秩父市下吉田フルーツ街道で、案山子(かかし)祭りが行われています。

 今回で7回目となる同祭りは45作品がエントリーし、金賞・埼玉県知事賞等の各賞を選出するコンテスト形式で行われます。マンガのキャラクターや子ども番組のヒーロー、テレビでおなじみのお笑い芸人、その年の世相を表す時事ネタを題材にした案山子が数多く出品され、どれも甲乙付け難い大作ぞろいです。

 取材日は夏休みの終盤で平日にもかかわらず、ぶどう狩り・ブルーベリー狩りに訪れた大勢の観光客はその出来栄えに、しばし見入っていました。 

 約3kmのフルーツ街道沿いには、いちご・ブルーベリー・ぶどうの観光農園が並び、ぶどう狩り(9月末まで)が楽しめます。
 お問い合わせは、秩父市役所 吉田総合支所 地域振興課(TEL:0494-72-6083)

 

記事掲載日 : 2012年8月6日

七夕フェスティバル(小鹿野町)

埼玉県小鹿野町で8月4日(土)に、「七夕フェスティバル」が行われました。

同フェスティバルは旧暦の七夕に開催されます。

この日は小鹿野町の商店街がおよそ2キロメートルにわたって、七夕飾りで彩られました。

露店や、サンバショー、秩父屋台囃子の実演など様々な催し物が開催され多くの人で賑わっていました。

記事掲載日 : 2012年7月2日

「あの花」秘密基地 さよならイベント(秩父市)

 埼玉県秩父を舞台にしたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(略称・あの花)に登場した「秘密基地」のさよならイベントが7月1日日曜日、秩父市の秩父ミューズパーク・スポーツの森駐車場で行われました。

※取材にあたり、秩父商業青年経営者研究会様、本町商栄会様のご協力をいただきました。

 

 

 「秘密基地」は、主人公の「めんま」ら幼なじみ6人組が結成した「超平和バスターズ」が絆を深めた建物の内部を再現したもので、4月7日から同市本町の知々夫ブランド館に設置され、県内外から多くの「あの花」ファンが訪れました。

 最終日に「ファンの交流を深めてもらおう」と秩父商業青年経営者研究会、本町商栄会が同イベントを企画しました。当日はあいにくの雨模様でしたが、2,000人を超える来場者はフリーマーケット、コスプレ、ダンス、痛車コンテストのイベントを満喫しているようでした。

記事掲載日 : 2012年5月21日

ちちぶハートフルフェスタ(秩父市)

5月19日(土)に、秩父ミューズパークにおいて「ちちぶハートフルフェスタ」が開催されました。同イベントは(社)秩父青年会議所創立50周年記念事業の一環として行われました。

会場では地元の商工業者の出店ブースなども立ち並び、たくさんの家族連れなどで賑わっていました。

ステージではC-DANCEの披露や小鹿野こども歌舞伎の上演、バンドのライブなどが行われました。

今回のメインイベントは秩父出身の俳優「藤原竜也」氏のトークショーでした。

当日は好天の中、地元出身の有名人を見ようとたくさんの人が会場を埋め尽くしていました。

 

※取材にあたり秩父青年会議所の方々にご協力いただきました。

 

秩父歌舞伎正和会第30回定期公演

 5月19日(土)・20日(日)、秩父歌舞伎正和会第30回定期公演が、道の駅ちちぶ特設会場「平成秩父座」で開催されました。同会の歌舞伎上演の他、子ども歌舞伎、秩父屋台囃子や神楽、獅子舞等も上演され、秩父の伝統芸能を堪能できる2日間となりました。※取材日 5月20日(日)

 また会場の一角では、写真家山口清文氏が撮影した同会の役者たちの写真が飾られ、来場者の目を楽しませていました。

 

 また、併設された「B級グルメ旨いモノ祭り」には全国からグルメが集結し、大道芸や猿回しも催され、家族連れやカップルも楽しめるイベントになりました。

※取材に当たり、秩父歌舞伎正和会様のご協力をいただきました。

記事掲載日 : 2012年5月2日

武甲山山開き(横瀬町)

埼玉県秩父地方にある武甲山で山開きが行われました。

この山開きは、毎年5月1日に同山の山頂に鎮座する御嶽神社において登山者や山で生活する人間の安全を祈願する目的で行われます。

秩父地方のシンボルでもある武甲山は標高1304メートルで、登山道も整備されており毎年初心者からベテランまで多くの登山客で賑わいます。

武甲山山開き_04 武甲山山開き_02 武甲山山開き_03

武甲山山開き_04 武甲山山開き_05 武甲山山開き_06

武甲山山開き_07 武甲山山開き_08 武甲山山開き_09

この日はあいにくの曇天でしたが、天気のいい日は山頂から遠くの山々まで見渡すことができます。山開き当日は観光客や登山者など様々な人で賑わっていました。

記事掲載日 : 2012年4月18日

武甲山資料館・チチブイワザクラ(秩父市)

埼玉県秩父市の武甲山資料館において「チチブイワザクラ」の展示が始まりました。

チチブイワザクラはサクラソウの仲間で、秩父の岩場に生えていることからこのように名付けられました。花は赤紫色で直径2~3センチほどです。茎や葉裏に赤い細かい毛があるのが特徴です。

現在は、武甲山の一部にだけ自生している珍しい植物だといわれています。

武甲山に関する様々な資料が展示してある武甲山資料館に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

~展示期間~

4月18日~5月2日(花の状態により変更になる場合があります)

武甲山資料館の情報はこちら→武甲山資料館

 

記事掲載日 : 2012年4月9日

桜花爛漫のジオパーク秩父を訪ねる「秩父いってんべぇウォーク」

4月8日(日)、桜花爛漫のジオパーク秩父を訪ねる「秩父いってんべぇウォーク」が開催されました。当日は春の暖かい陽気に恵まれ、多くの参加者が秩父市役所歴史文化伝承館前で受付を済ませた参加者たちは、5km・10km・20kmから好きなコースを歩き、春のジオパーク秩父を満喫していました。
当日は5Km、20kmコースの参加者にワンポイントジオ講座と題して、ジオパーク秩父の魅力を専門家がガイドしました。ジオパーク秩父Webサイトはこちら

※写真は20kmコースの様子です。