プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

記事掲載日 : 2012年1月21日

宝登山ロウバイ園(長瀞町)

長瀞町宝登山山頂のロウバイ園の様子です。

先週よりも開花が進みたくさんの人が訪れていました。

秩父地方の厳しい寒さの中で可憐に咲くロウバイは、これからが見頃となります。
※取材は19日に行いました。

記事掲載日 : 2012年1月16日

宝登山ロウバイ園(長瀞町)

宝登山山頂のロウバイ園の様子です。

まだ蕾が多く見られますが、一部開花が始まりました。

同園内はロープウェイを降りて正面が東ロウバイ園、東ロウバイ園を横切って奥にあるのが西ロウバイ園です。

全体的に西ロウバイ園のほうが、開花が進んでいました。

これから、2月中旬にかけて見頃を迎えそうです。

 

記事掲載日 : 2012年1月6日

宝登山ロウバイ園(長瀞町)

ロープウェイを降りて、手前の東ロウバイ園はまだつぼみも少ないですが、

山頂近くの西ロウバイ園ではつぼみも増え、開花している花もありました。

全体的に例年より開花が遅れています。

記事掲載日 : 2011年12月28日

宝登山山頂ロウバイ園(長瀞町)

長瀞町にある標高497mの宝登山。例年、その山頂一帯約2,000平方メートルの敷地に500株2,000本のロウバイが咲き乱れます。

各所にあるロウバイ園と比べて宝登山山頂の特徴は、関東一のロケーションです。山頂から眼下に広がる秩父の町並みや、秩父のシンボル「武甲山」、鋸状の山容をした「両神山」など眺望抜群です。

 

この日は蕾が多く見られましたが、一部開花を始めたものもありました。

年明けごろから見頃を迎えそうです。

 

 

記事掲載日 : 2011年12月21日

宝登山山頂のロウバイ※昨年度の様子

長瀞宝登山山頂のロウバイは、例年ですと、冷え込みが進むこれからの時期に見頃を迎える予定です。約2,000平方メートルの園地に約2,000本のロウバイが咲き乱れます。

 

見頃は1月上旬~2月下旬の予定です。詳しくは長瀞町観光協会へお問い合わせください。

※写真は昨年度の写真です。

記事掲載日 : 2011年10月12日

花の里・コスモス(長瀞町)

長瀞町の「花の里」では、1万㎡の敷地にある約300万本のコスモスが満開を迎えています。

こちらで咲いているコスモスポニーは背丈が低くて可愛らしいだけでなく、強風などにも強い品種。

赤、白、ピンクと咲き乱れるコスモスは、周りの緑の山々とのコントラストもあって見飽きる事なく楽しめます。
見頃は今月末迄まで続きそうです。

※入園の際には、環境整備協力金100円のご負担にご協力をお願い致します。

 

記事掲載日 : 2011年10月6日

寺坂棚田・ヒガンバナ(横瀬町)

秩父郡横瀬町寺坂にある棚田のヒガンバナが見頃を迎えています。

寺坂棚田は、面積約5ヘクタール大小350枚で構成される埼玉県内で最大規模の棚田です。

棚田はたくさんの水を蓄え、美しい景観を形成するなどの多くの機能を持っています。寺坂棚田の景観は、長い年月をかけて先人が開発した貴重な遺産です。

 

この日は、稲刈りを終えた田んぼ道に赤いヒガンバナが綺麗に色づいていました。

同花は、ちょうど秋の彼岸の頃に花が咲くことからヒガンバナと名づけられ、別名 を曼珠沙華(まんじゅしゃげ)といいます。

天気の良い日には秋の青空に棚田と武甲山、ヒガンバナが同時に楽しめます。

 

■交通案内■

1)西武秩父線横瀬駅から北側約1.7km

2)秩父鉄道秩父駅・西武秩父線西武秩父駅から松枝行・長渕行・根古屋行のいずれかのバスで横瀬公民館バス停下車北側約900m

記事掲載日 : 2011年9月28日

そば処「ちちぶ花見の里」・そばの花(秩父市荒川上田野)

秩父市荒川上田野のちちぶ花見の里で、そばの花が見頃を迎えています。

秋そばは夏そばに比べ背が高く開花時期が長いのが特徴です。また風味や香りも良い為、今から収穫が楽しみです。

10月1日(土)・2日(日)には、「あらかわB級グルメと秋そばの花見まつり」が開催されます。詳しくはこちら

 

 

記事掲載日 : 2011年9月22日

長瀞町・秋の長瀞七草寺(長瀞町)

■女郎花(おみなえし) 場所:真性寺(しんしょうじ)

引き続き、満開を迎えています。まだ見頃は続きそうです。

 

■桔梗(ききょう) 場所:多宝寺(たほうじ)

ピークは過ぎた様ですが、まだ綺麗に咲いている花もたくさん見られました。

 

■萩(はぎ) 場所:洞昌院(とうしょういん)

台風の影響で多くの花が落ちてしまいましたが、これから咲く種類もありまだしばらくは見頃となります。

 

■藤袴(ふじばかま) 場所:法善寺(ほうぜんじ)

見頃を迎えています。慎ましく穏やかですが、綺麗な花を咲かせています。

 

■尾花(おばな) 場所:道光寺(どうこうじ)

満開を迎えています。由来通り、尻尾のような穂がたくさん咲いています。

 

 


記事掲載日 : 2011年9月15日

長瀞町・秋の長瀞七草寺(長瀞町)

■女郎花(おみなえし) 場所:真性寺(しんしょうじ)

来週末頃まで満開です。由来通り美女を圧倒する様に咲き誇っています。

 

■桔梗(ききょう) 場所:多宝寺(たほうじ)

満開です。蕾もたくさんついていて、今月下旬まで楽しめそうです。

 

■萩(はぎ) 場所:洞昌院(とうしょういん)

ちょうど満開を迎えました。赤と白のコントラストがとても綺麗です。

 

■藤袴(ふじばかま) 場所:法善寺(ほうぜんじ)

5分咲きです。今日は天気も良く、東京から来られた方や、長瀞町の観光情報案内所で、電動自転車をレンタルしてカメラ片手に訪れた観光の方もいらっしゃいました。

 

■葛(くず) 場所:遍照寺(へんじょうじ)

綺麗な紫の花を咲かせています。今週いっぱいが見頃となっています。

 

■撫子(なでしこ) 場所:不動寺(ふどうじ)
参道の撫子は見頃を過ぎてしまいましたが、参道脇にシロバナヒガンバナが木漏れ日の中、ひっそり咲いていて幻想的な趣です。

 

■尾花(おばな) 場所:道光寺(どうこうじ)

5分咲きです。見頃はこれからですが、様々な種類の尾花を楽しめます。