プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

取材日 : 2020年1月17日

尾ノ内氷柱 無料開放中(小鹿野町)

尾ノ内百景(冷ひゃっけぇ~)氷柱 2020年1月17日の様子

小鹿野町・尾ノ内氷柱の1月17日(金)の様子です。

うっすらとですが氷が張ってきました。1月25日(土)の氷柱ライトアップは氷柱の有無に関係なく実施する予定です。

尾ノ内氷柱の画像

尾ノ内氷柱の画像

尾ノ内氷柱の画像

尾ノ内氷柱の画像

尾ノ内百景氷柱

開催期間:2020年1月5日(日)~3月1日(日)
開催場所:埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1(カーナビ検索用)
※上記住所地は、国道299号線からの尾ノ内氷柱の入口となります。

環境整備協力金:200円(中学生以上)※現在無料開放中
※小学生以下無料

問合せ先:西秩父商工会 0494-75-1381

 

宝登山ロウバイ園ライトアップ テスト点灯の様子(長瀞町)

1月25日(土)よりライトアップスタート

1月25日(土)から2月24日(月・祝)まで、土日祝日のみ点灯される宝登山ロウバイ園ライトアップのテスト点灯が行われました。

宝登山ロウバイ園ライトアップの画像

1月16日現在、ロウバイの開花は順調に進んでおり、西ロウバイ園で5分咲き、東ロウバイ園で1~2部咲き、四季の丘で3~4分咲きとなっています。

宝登山ロウバイ園ライトアップの画像

宝登山ロウバイ園のライトアップは初めての試みとなります。

ライトアップはレストハウス(無料休憩所)周辺から東ロウバイ園あずまや周辺まで約100灯のLEDライトで照らされています。

宝登山ロウバイ園ライトアップの画像

現在開催中の長瀞ロウバイまつり期間中は、ロープウェイ最終便が、上り(山頂行き) 16:30、下り(山麓行き)17:00となっております。

宝登山ロウバイ園ライトアップの画像

ロウバイライトアップは土日祝日の19:00まで点灯しますので、ライトアップ開催日は、ロープウェイも点灯にあわせて運行されます。

ライトアップ見物の際は、山頂駅まで約5分のロープウェイをご利用ください。

宝登山ロウバイ園ライトアップの画像

ライトアップ開催日は標高497メートルの宝登山山頂からの秩父の夜景も楽しめます。ロウバイライトアップと合わせてお楽しみください。

 

※今回の撮影にあたり、宝登興業株式会社様、長瀞町観光協会様のご協力をいただきました。

 

 

長瀞宝登山蝋梅ライトアップ

開催期間:2020年1月25日(土)~2月24日(月・祝)※期間中の土日祝日のみ
時間:日没~19時

★ロウバイ開花情報は長瀞町観光協会公式サイトをご覧ください。

取材日 : 2020年1月13日

虚空蔵尊縁日の様子(秩父市上宮地町)

だるま露店で賑わう昔ながらの縁日

十二支 丑・寅の守り本尊「上宮山 虚空藏禅寺」にて、虚空蔵尊縁日が今年も12日夜から13日の2日間、行われました。

虚空蔵尊縁日(こくぞうそんえんにち)の画像

年が明けて比較的暖かい陽気が続いていますが、夜になると冷え込みます。今年も新しいだるまを求めて多くの人出で賑わいました。

虚空蔵尊縁日(こくぞうそんえんにち)の画像

虚空蔵菩薩の提灯に照らされる本堂の様子です。

虚空蔵尊縁日(こくぞうそんえんにち)の画像

本堂の前にはお祈りの順番を待つ長い列が。その奥には、だるまの出店が並びます。

虚空蔵尊縁日(こくぞうそんえんにち)の画像

お寺へと続く90段の石段です。今年は比較的混雑することなく登ることができました。

虚空蔵尊縁日(こくぞうそんえんにち)の画像

本堂に続く細い路地には、ダルマ市のほか色とりどりの露店が多く立ち並びます。

だるまもポピュラーな赤色のほかに、様々なカラーが用意されています。

宝登山ロウバイ園開花情報2020(長瀞町)

宝登山ロウバイ園が開花しました

宝登山ロウバイ園の開花は年明けから順調に進んでいます。日当たりのよい西ロウバイ園は早くも5分咲き程度の開花となっています。

 

西ロウバイ園 5分咲き程度

宝登山ロウバイ園の画像

宝登山ロウバイ園の画像

宝登山ロウバイ園の画像

 

東ロウバイ園 咲き始め

宝登山ロウバイ園の画像

宝登山ロウバイ園の画像

 

四季の丘 咲き始め

宝登山ロウバイ園の画像

宝登山ロウバイ園の画像

宝登山ロウバイ園の画像

 

長瀞ロウバイまつり~長瀞冬の花物語2020~

開催期間中は、長瀞駅から宝登山ロープウェイ駅までの無料シャトルバスの運行の他、様々なイベントが開催されます。

1月25日(土)より、土日祝日限定でライトアップが開催されます。

 

開催期間:2020年1月11日(土)~2月24日(月)
場所:長瀞町宝登山山頂ロウバイ園
お問い合わせ先:長瀞町観光案内所 0494-66-0307

★詳しい開花情報は長瀞町観光協会公式サイトをご覧ください。

取材日 : 2020年1月8日

あしがくぼの氷柱オープンしました(横瀬町芦ヶ久保)

しばらくの間、閉園が決定しました(写真は2020年1月8日の様子)

西武鉄道芦ヶ久保駅から歩いて行ける氷柱として定着した”あしがくぼの氷柱”ですが、今年は氷柱の形成が遅れております。

あしがくぼの氷柱

1月13日(月)現在、氷柱は全くありません。しばらくの間、閉園が決定しました。閉園中は会場内にも立ち入りができませんので、ご了承ください。

★詳しい情報は歩楽~里(ぶら~り)よこぜ公式サイトをご覧ください

あしがくぼの氷柱

氷柱はまだ小さいですが、透明度が高い氷柱となっています。

あしがくぼの氷柱

昼間でも冷え込みますので、暖かい服装、歩きやすい靴でお出かけください。

あしがくぼの氷柱

あしがくぼの氷柱

あしがくぼの氷柱 

あしがくぼの氷柱は電車から見える氷柱としても有名なスポットです。

氷柱は2月24日まで開催しています。

 

1月13日(月)現在、氷柱は全くありません。しばらくの間、閉園が決定しました。閉園中は会場内にも立ち入りができませんので、ご了承ください。

 

あしがくぼの氷柱2020 – Icicles at Ashigakubo –

開催期間
2020年1月5日(日)~2月24日(祝・月)
開催場所:横瀬町芦ヶ久保 兵ノ沢(ひょうのさわ)地域
※西武鉄道芦ヶ久保駅、道の駅果樹公園あしがくぼから徒歩10分程度
開園時間:月曜日~木曜日 9:00~16:00まで

 

環境整備協力金:300円(中学生以上)

★詳しい情報は歩楽~里(ぶら~り)よこぜ公式サイトをご覧ください

取材日 : 2020年1月6日

秩父神社 初詣の様子(秩父市番場町)

秩父神社初詣 今年の混雑状況

秩父市街の中心にある秩父神社は今年も初詣に訪れた多くの人出で賑わっていました。

秩父神社は三峯神社、寶登山神社と並び秩父三社の一つと数えられ、例年初詣には約8万人が訪れる埼玉県内でトップ10に入る人気の神社です。

秩父神社 初詣の画像

1日は歳旦祭、2日は神楽の奉納、3日は神楽の奉納と元始祭が行われ多くの毎年秩父神社周辺は大変混雑します。

秩父神社 初詣の画像

毎年3が日は10時過ぎから混雑し始めます。周辺の駐車場も満車になりますのでお気を付けください。

初詣の混雑を回避したい人は、10時前か夕方の時間帯がおすすめの時間帯となります。(20時には閉門しますので注意してください)

秩父神社 初詣の画像

お守り、絵馬、縁起物等も忘れずにどうぞ。おみくじも人気です。

秩父神社 初詣の画像

2日、3日は神楽の奉納のほか、境内に多くの屋台も出店して大変にぎやかな雰囲気となります。秩父駅から徒歩5分、西武秩父駅から徒歩約15分程度でアクセスも良好です。

取材日 : 2019年12月23日

寶登山神社の巨大絵馬飾り(長瀞町)

来年の干支「庚子(かのえ・ね)」がお目見え

寶登山神社弐之鳥居前に設置されている高さ2.3メートル・幅3.5メートル大絵馬が来年の干支である「庚子(かのえ・ね)」かけ変わりました。

白いネズミが宝船を引っ張る絵になっています。毎年、縁起が良いと年賀状にしたり、参拝へ訪れた方の撮影スポットにもなっている人気の絵馬です。

寶登山神社絵馬

寶登山神社絵馬

寶登山神社絵馬

★寶登山神社公式サイトはこちら

取材日 : 2019年12月16日

第13回長瀞アルプストレイルレース(長瀞町)

初冬の長瀞アルプスを約500名のランナーが駆け抜ける

長瀞町宝登山山麓にて、第13回長瀞アルプストレイルレースが開催されました。今年は埼玉県内や県外から約500名の老若男女のランナーが参加し、一般コース約16㎞、ジュニア・親子の部約3㎞のコースを走りました。

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像  

今年より、ジュニアの部のほか、親子参加もあり、14組の親子チームが参加しました。

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

例年に比べ比較的暖かい気候の中開催された本大会。10時になるとスタートの合図と主に総勢400名のランナーが一斉にスタートをします。

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

台風19号の影響で一部コースが変更となりましたが、累積標高差450m、約7割が登りの厳しいコースを今年も走りました。

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

今年も地元長瀞町内の小学生がボランティアとして参加し、大会運営のお手伝いや選手たちに熱い声援を送りました。

第13回長瀞アルプストレイルレースの画像

※取材にあたり、長瀞町観光協会様のご理解とご協力を頂きました。

取材日 : 2019年12月9日

第7回秩父人形サミット2019 in みなの(皆野町)

今も守り継がれる伝統 秩父の人形芝居が皆野町に大集合!!

12月8日(日)皆野町文化会館ホールにて、秩父人形サミット2019 in みなの が開催されました。

今年で7回目を迎える秩父人形サミット。横瀬の人形芝居、白久の串人形芝居、出牛浄瑠璃人形が一同に会するとあって、会場は多くの来場者で賑わっていました。

秩父人形サミット2019 in みなのの画像

秩父人形サミット2019 in みなのの画像

 

横瀬の人形芝居

横瀬の人形芝居の人形は70~80㎝程度。首、手、胴輪、衣装(着物)から成り立ちます。着物の背中の切り口から手を入れて操る「突っ込み式」で、一人遣いとなります。

横瀬の人形芝居の画像

上演前に横瀬人形芝居の人形、舞台についての説明がされました。

横瀬の人形芝居の画像

国内唯一の廻り舞台が特徴です。場面転換の際に舞台がぐるっと360度回転します。語りは、三味線を伴奏とした説経節(若松派)となります。

横瀬の人形芝居の画像

日高川入相桜より「清姫怨霊の段」が上演されました。

横瀬の人形芝居の画像

 

白久(しろく)の串人形芝居

白久の串人形芝居は、全国でも例を見ない二人遣いが特徴です。

白久の串人形芝居の画像

主遣いが人形の支え棒を持ち、首につながる篠竹や引き栓を操作して、首(頭)や目、眉を動かして表情を付けます。手遣いは、竹串を操作して左右の手を操ります。二人の呼吸が要求される人形芝居となります。

白久の串人形芝居の画像

白久の串人形は江戸末期に白久の豆早原(ずさばら)地区の人が、宴会で箸に手ぬぐいを巻き付けて人形にして、説経節に合わせて踊ったのが始まりと言われています。

白久の串人形芝居の画像

「御所桜堀川夜討 弁慶上使の段」が上演されました。

白久の串人形芝居の画像

 

出牛浄瑠璃(じゅうしじょうるり)人形

皆野町金沢出牛(じゅうし)地区は、かつて中山道筋の本庄・児玉方面から秩父へと続く重要な道筋で、かつては出牛宿として栄えました。

出牛の人形芝居は他の人形芝居よりも人形が80~90センチと大きく、三人遣いが特徴です。

出牛浄瑠璃人形の画像

主遣いが左手で人形の首を、右手で人形の右手を操ります。左遣いは人形に左手、足遣いは両足を操ります。

一帯を3人で操るため、修練を積まないと人形の動きがばらばらになってしまいます。3人遣いの操作により、より細やかな人形の動きの表現が可能になります。

出牛浄瑠璃人形の画像

出牛浄瑠璃は義太夫節で語られます。

出牛浄瑠璃人形の画像

明智光秀をモデルとした武智光秀が主人公の絵本太功記 「尼崎の段」が披露されました。

出牛浄瑠璃人形の画像

山間の秩父地方で受け継がれてきた人形芝居ですが、現在は上記3か所の人形芝居が伝統を受け継ぎ定期的に上演をしています。

埼玉県内ではもう一か所、三芳町竹間沢の車人形が今も上演可能です。

取材日 : 2019年12月5日

秩父流鏑馬(秩父市)

晴天の下、今年も秩父流鏑馬が奉納されました

秩父夜祭も無事終了となりましたが、まだ秩父夜祭の余韻の残る秩父公園(御旅所)で今年で5回目となる秩父流鏑馬が奉納されました。

秩父流鏑馬の画像

秩父流鏑馬は秩父神社が創建されてから2100年を祝して2015年から行われています。

秩父流鏑馬の画像

秩父神社を13時半に出発した秩父流鏑馬の行列は番場町商店街を抜けて団子坂を登り御旅所へ向かいます。

 

秩父流鏑馬の画像

秩父流鏑馬の画像

御旅所へ到着した一行は流鏑馬の前に、扇舞清之儀、馬上武芸を披露します。

秩父流鏑馬の画像

いよいよ流鏑馬奉納です。4頭の馬が順番に各3回、この日のためだけに特別に設けられた走路を勢いよく駆け抜けます。

射手は不安定な馬上から的に狙いを定めて矢を放ちます。

秩父流鏑馬の画像

見事的中すると、秩父夜祭の桟敷席から見守る観客からは拍手と大歓声が送られました。

なかなか生で見ることのできない伝統ある流鏑馬は来年の小鹿野の春祭りでも奉納をされる予定です。