プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

取材日 : 2018年9月21日

贄川宿かかしの里(秩父市荒川贄川)

かつての宿場町 贄川宿が、かかしの里に

秩父市荒川贄川の贄川宿は、古くは江戸時代の頃から昭和初期まで、三峯神社参詣や秩父甲州を住環する商人の宿場として栄えました。

また、近年は2014年まで、毎年秋のイベントとして贄川宿縁側展が開催され大変人気を集めていました。

そんな贄川宿ですが、再びかつてのにぎわいを取り戻そうと地元の方たちの力によって、2016年春から「かかしの里」づくりを始めました。

現在では、贄川宿内の街並みの中の至る所に、愛嬌いっぱいのかかしが60体以上設置され、訪れた人たちを楽しませています。

宿場町内の縁側には、かつての縁側展のようにギャラリーになっている場所もあります。

2017年にはかかしサロンもオープン。建物の中にはかかしの他、かかしの里の写真や飾り物が飾られ、かかしの里へ訪れた人たちの憩いの場所として利用されています。

急な坂道を上った御岳山登山口の近くのかかし広場には、数多くのかかしが風情ある景色の中に溶け込んでいます。

ここからの眺望は武甲山や荒川が一望もでき、かつてこの地を訪れたナウマン博士や幸田露伴がスイスの景色を目前にするようだと眺望を絶賛したと云われています。

これからの季節、昔懐かしい景色の数多く残る贄川宿へ、ぜひお出かけください。

取材日 : 2018年9月18日

下田野 曼珠沙華(皆野町下田野)

自然豊かな故郷の原風景が残る望郷の里

皆野町下田野「ふるさとの四季 望郷の里」の曼殊沙華(ヒガンバナ)の開花が始まっています。

曼殊沙華(ヒガンバナ)の花は、今週末頃にピークを迎え、9月下旬頃まで楽しめます。

この場所は、秩父やまなみ街道(皆野寄居バイパス)高架下にあり、初夏にはホタルが飛び交う自然豊かな場所としても知られています。

「ふるさとの四季 望郷の里」は、NPO法人田野沢清流会の方々が遊歩道や環境を整備し、自然豊かな土地を保護しています。

秩父聖地公園 曼殊沙華(秩父市山田)

紅い曼殊沙華(ヒガンバナ)が公園内を彩ります

秩父聖地公園内の曼殊沙華(ヒガンバナ)の花の開花が始まっています。

お墓参りの人たちで賑わう、お彼岸の23日頃には良い状態を迎えるでしょう。

そばの花が見ごろです(秩父市荒川上田野)

1ヘクタールの広大なそば畑に咲く白い可憐な花

秩父市荒川上田野「そば処ちちぶ花見の里」の秋そばの花が、ほぼ見ごろを迎えています。今週末に向けて、さらに良い状態となるでしょう。

■新そばまつり

開催日:平成30年11月18日(日)
時間:10:00~15:00
場所:そば処「ちちぶ花見の里」(秩父市荒川上田野413-3)
お問い合わせ先:荒川そばの里づくり連絡協議会
TEL:0494-54-1059

取材日 : 2018年9月17日

愛宕神社 ヒガンバナ見ごろを迎えています(秩父市大野原)

2019年4月24日 御鎮座400年を迎える愛宕神社

秩父市大野原、愛宕神社は秩父鉄道大野原駅より徒歩5分程度の国道140号沿いにあります。

木々に囲まれた静かな境内を朱色の彼岸花の群生が彩り始めています。愛宕神社の彼岸花は、毎年9月中旬頃から下旬頃まで楽しめます。

寺坂棚田 彼岸花2018開花情報(横瀬町)

朱色の彼岸花の開花が順調に進んでいます

3連休の最終日、朱色の彼岸花がほぼ見ごろの状態を迎えつつある、横瀬町寺坂棚田にはたくさんのカメラマンや見物客が訪れています。

まだ今週中に開花する花もありますが、花芽の数も多いので、今週末23日(日)に行われるの彼岸花まつりが楽しみです。ぜひお出かけください!

 

■寺坂棚田彼岸花まつり

開催日:平成30年9月23日(日)※1日だけの開催
時間:10:00~15:00
場所:寺坂棚田(横瀬町大字横瀬1860番地付近)
お問い合わせ先:横瀬町観光♥産業振興協会
TEL:0494-25-0450

※当日の寺坂棚田駐車場は駐車できません。
※西武秩父線横瀬駅下車 徒歩15分

 

詳しい情報は歩楽~里よこぜ横瀬町観光Webサイトをご覧ください。

札所32番法性寺周辺 シュウカイドウ(小鹿野町般若)

秋の訪れを感じさせる ピンク色のシュウカイドウの群生

小鹿野町般若、別名お船観音とも呼ばれている札所32番法性寺手前の斜面に咲くシュウカイドウ(秋海棠)の花の群生が見ごろを迎えています。

これから9月下旬頃まで、小さなピンク色の花が札所32番へ訪れる人たちの目を楽しませます。

※群生地には門がありますが、入場した人は必ず施錠をして変えるようにしてください。

取材日 : 2018年9月16日

秋の七草寺めぐり2018開花情報(長瀞町各所)

長瀞町内には、秋の七草が1種類ずつ植えられた「七草寺」があります。

各お寺とも、ほぼ見ごろを迎えています。3連休の中日とあって賑わっていました。

特に今週、朝の天気予報の生中継があった女郎花の真性寺(しんしょうじ)では、見ごろを迎えた黄色い女郎花と白いオトコエシの花を見ようと、多くの人で賑わっていました。

秋の七草は、各お寺によって異なりますが、例年8月下旬~10月頃にかけて見ごろを迎えます。

 

■秋の七草寺めぐり2018

開催期間:8月24日(金)~9月30日(日)

★期間中のイベント情報は長瀞町観光協会をご覧ください。

長瀞七草寺巡り 見ごろを迎えています

■女郎花(おみなえし) 場所:真性寺(しんしょうじ)
開花状況:見ごろ
開花時期:7月中旬~10月上旬頃

 

■桔梗(ききょう) 場所:多宝寺(たほうじ)
開花状況:5分咲き
開花時期:7月下旬~9月下旬頃

 

■萩(はぎ) 場所:洞昌院(とうしょういん)
開花状況:見ごろ
開花時期:7月中旬~9月下旬頃

 

■藤袴(ふじばかま) 場所:法善寺(ほうぜんじ)
開花状況:見ごろ
開花時期:9月上旬~10月上旬頃

 

■葛(くず) 場所:遍照寺(へんじょうじ)
開花状況:見ごろ
開花時期:8月上旬~9月中旬頃

 

■撫子(なでしこ) 場所:不動寺(ふどうじ)
開花状況:見ごろ
開花時期:7月下旬~9月上旬頃

 

■尾花(おばな) 場所:道光寺(どうこうじ)
開花状況:5分咲き
開花時期:7月下旬~10月上旬頃

 

 

 

■秋の七草寺めぐり2018

開催期間:8月24日(金)~9月30日(日)

★期間中のイベント情報は長瀞町観光協会をご覧ください。

取材日 : 2018年9月12日

「ちちぶ山ルビー」の販売は間もなく終了となります

幻のちちぶ山ルビー 無くなり次第、終了となります

秩父地方限定の人気のぶどうの品種「ちちぶ山ルビー」の2018年分の販売が間もなく終了となります。

メディア等でも紹介され、大変人気を集めている「ちちぶ山ルビー」は楕円形の形状と美しい鮮紅色の粒が特徴です。

数も残りわずかとなり、今週末くらいまでの販売となりそうです。

まだまだぶどうは楽しめます

ちちぶ山ルビーは終了となりますが、ぶどう狩り・ぶどうの販売は10月~11月上旬頃まで楽しめます。

シャインマスカットや巨峰などなど、まだまだこれから食べ頃の品種が多数あります。美味しいぶどうがいっぱいの秩父地方へ、お出かけください。

ちちぶ山ルビーの販売について

価  格  2,160円/Kg (税込)
収穫期間  8月中旬~9月上旬頃まで※無くなり次第終了

 

購入される皆さまへ
「ちちぶ山ルビー」は、間もなく終了となります。

「ちちぶ山ルビー」購入の際には、販売している各農園へお問い合わせください。

また、取り扱うぶどうの品種や開園時期は各農園にて異なります。各ぶどう農園の情報を確認し、お出かけ下さい。
※販売を終了しているぶどう園もございます。

 

★ちちぶ山ルビーの販売農園・秩父のぶどう情報は秩父観光農林業協会公式サイトをご覧ください。

※取材にあたり、秩父フルーツファーム様のご理解と協力をいただきました。

そばの花(秩父市荒川上田野)

秋そばの花の開花が始まりました

秩父市上田野「そば処ちちぶ花見の里」のそば畑の開花が始まりました。

初秋を迎える秩父地方を白く可憐なそばの花が埋め尽くします。見ごろは9月下旬頃が予想されます。