プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

取材日 : 2013年11月20日

寶登山神社ライトアップ(長瀞町)

 長瀞町寶登山神社、紅葉ライトアップの様子です。参道や鳥居周辺、境内がライトアップされ、昼間とは違った厳かな雰囲気の中、夜の静寂に映し出される紅葉を楽しむことができます。

 

長瀞の紅葉情報はこちら→長瀞町観光協会

寶登山神社(長瀞町)

 長瀞町にある寶登山神社の紅葉の様子です。引き続き見頃で、多くの参拝客で賑わっています。鮮やかに彩られた境内や鳥居の風景は今月いっぱい楽しめそうです。

 

長瀞の紅葉の詳しい情報はこちら→長瀞町観光協会

取材日 : 2013年11月15日

寶登山神社(長瀞町)

 長瀞町にある寶登山神社の紅葉の様子です。鳥居周辺や参道の木々も鮮やかに色づき、紅葉の見頃となっています。取材日は観光客だけでなく七五三のお参りをする姿も見られ、多くの人で賑わっていました。

 

同神社では夜間の紅葉ライトアップも始まっています。

長瀞の紅葉の詳しい情報はこちら→長瀞町観光協会

取材日 : 2013年11月13日

寶登山神社(長瀞町)

長瀞町寶登山神社の紅葉の様子です。

ここ数日の冷え込みで、木々の色付きが進みました。

同神社では今週末からライトアップが開催され、夜になると荘厳で幻想的な空間が作り出されます。ライトアップされた紅葉は昼間とはまた違う趣があり、例年多くの人で賑わいます。

長瀞の紅葉は例年11月中旬~12月上旬が見頃です。同神社だけでなく、複数の紅葉スポットがある長瀞を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

長瀞の紅葉の詳しい情報はこちら→長瀞町観光協会

 

取材日 : 2013年11月8日

寶登山神社(長瀞町)

 埼玉県長瀞町、寶登山神社紅葉の様子です。先日の雨で境内のイチョウは少し落葉しましたが、引き続き見頃となっています。鳥居周辺や参道の紅葉も徐々に進み、間もなく見頃となりそうです。

※取材日:2013年11月8日

 

 取材日は雲ひとつない晴天で、紅葉や社殿を背景に記念撮影する参拝客で賑わっていました。

 

長瀞の紅葉の詳しい情報はこちら→長瀞町観光協会

取材日 : 2013年11月7日

寶登山神社(長瀞町)

 埼玉県長瀞町、寶登山神社紅葉の様子です。秩父三社のひとつとして知られる寶登山神社は長瀞駅から徒歩10分ほどで、参道や鳥居・境内で美しい紅葉を見ることができます。また、見頃にはライトアップも行われ、多くの人で賑わいます。

※取材日:2013年11月5日

 

 取材日は境内のイチョウが見頃で、鳥居や参道の紅葉は色づき始めました。2013年11月16日(土)から12月1日(日)にはライトアップが行われます。幻想的に彩られた神社へお参りに来てはいかがでしょうか。

 

 詳しい情報はこちら→長瀞町観光協会

取材日 : 2013年5月2日

寶登山神社奥宮祭(長瀞町)

 長瀞町の寶登山神社で、奥宮祭が齋行されました。このお祭りは例年5月2日(八十八夜)に行われ、別名「つつじ祭り」とも呼ばれています。

※取材にあたり、寳登山神社関係者のご理解とご協力をいただきました。

 同祭は神社創立に由来すると云われ、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の御神霊を乗せた神輿が寶登山神社本殿から山頂の奥宮まで運ばれ、祭典や神楽が奉奏されます。取材日は晴天に恵まれ、神社関係者だけでなく一般観光客も御神幸行列に加わり、奥宮までのおよそ1時間30分の山道を汗をかきながら登る姿が印象的でした。

取材日 : 2013年2月4日

秩父三社節分祭の様子

 2月3日、秩父三社(秩父神社、寳登山神社、三峯神社)で節分祭が行われました。

※取材にあたり秩父神社様、寳登山神社様、三峯神社様のご理解・ご協力をいただきました。

 

■秩父神社/節分追雛(ついな)祭の様子

 秩父神社では節分追雛祭が行われ、多くの参拝者たちが訪れました。

 10時から行われたつけ行事「鬼やらい」は秩父郡市内外から駆けつけた年男・年女が豆まきし厄払いをします。豆は小袋に2,500袋用意され、午前と午後の計7回平成殿から撒かれました。

 神社境内の神楽殿では福神舞が舞われます。18時頃から社殿前で地元の素人力士による組み手の奉納があり、19時30分頃 から社殿で祭典を行います。古式ゆかしい神事は奉幣の儀、撒豆の儀、引目の儀と行われ、最後に福神舞が行われます。

 

■寶登山神社/節分追儺祭の様子

 長瀞にある寶登山神社では11時・15時に節分追儺祭が斎行されました。

 神職による蟇目(ひきめ)神事では東西南北、中央に向けて矢が射られ、邪気をはらい福を呼ぶとされています。放たれた矢を手にした人はその年の縁起が良いともいわれ、多くの参列者が注目する行事となりました。

 また、年男・年女による豆まきでは「福は内、鬼は外」の大きな掛け声とともに豆やみかんが撒かれます。この豆には特別なお土産と引き換えられる「大当たり」の入った小袋があり、境内は福を授かろうとする多くの参列者で賑わいました。

 

■三峯神社/ごもっとも神事

 秩父市三峰の三峯神社で今年も「ごもっともさま」神事が行なわれました。

「ごもっとも神事」は五穀豊穣・大漁満足・夫婦円満・開運長寿・子授け等の祈願をし7時・11時・12時・14時・16時と合計5回の神事が行われました。

 福は内、鬼は外の後に「ごもっともさまー!」の掛け声と共にごもっとも棒を掲げ祈願をしていました。

 

取材日 : 2012年12月27日

寶登山神社 巨大絵馬飾り(長瀞町)

 長瀞町の寶登山神社に飾られている巨大絵馬が、新たに来年の干支である「巳」を描いたものに掛け替えられました。

 この絵馬は癸巳(みずのとみ)年となる2013年1年間設置され、高さ2.3メートル、幅3.5メートルの巨大なもので、秩父のスギ間伐材が使われています。

 同神社の一字でもある「寶」が書かれた帆を張った宝船を、干支である巳が船頭となって導く縁起の良い絵柄で、初詣で参拝者が書き込む絵馬にも同じ絵が描かれています。

 

 取材日には参道で露天が準備されたり、建物の掃除が行われていたりと、初詣に向けた準備が進められていました。年末年始の人出は例年並みの約10万人と、多くの人出が予想されています。

取材日 : 2012年12月10日

お宝登山・長瀞アルプストレイルレース(長瀞町)

 今年で6回を数える「お宝登山・長瀞アルプストレイルレース」が12月9日(日)に寶登山神社周辺で開催され、多くのランナーで賑わいました。

 本大会は「トレイルラン」「レース」「ハイク」の3種目にわかれ、参加者がそれぞれの脚力に合ったコースにエントリーできるようになっています。

 

 『トレイルラン』は約16kmのコースでタイムを競いコースの大部分は未舗装で、激しいアップダウンや約200段の心臓破りの坂など、上級者向けのコース。

 『レース』は宝登山山頂を目指す約4kmのコースですが、男性6kg・女性4kgの「お宝」と呼ばれる重りを背負うため、距離以上にハードな中級者向けのコース。

 『ハイク』はレース同様のルールですが、タイムを競うものではなく初心者でも気軽にマイペースでハイキングを楽しむものとなっています。 

 

 540名を超える参加者は、普段のトレーニングの成果を発揮するシリアスランナーから仮装して走るファンランや山道の景色を楽しみながら山頂を目指すハイカーなど様々で、初冬の長瀞を満喫していました。