プライバシーポリシー | 利用規約 | お問合せ
  • 文字サイズ 
  • 標準 
  •  
  •  |

WebGuide秩父は秩父のポータルサイトとして秩父のさまざまな情報を発信しています

WebGuide 秩父 トピックス(花・紅葉・イベント) > その他 > 今年も新酒ができました(秩父市)

今年も新酒ができました(秩父市)


 平成27年2月6日、埼玉県秩父市宮側町の武甲酒造株式会社で新酒が出来たことを知らせる「杉玉」が店舗軒先に吊るされました。
 正式名称は「酒林(さかばやし)」と呼ばれ、良質な酒造りと神のご加護を願う意味が込められています。

 ※取材にあたり、武甲酒造様のご協力をいただきました。

 

  酒蔵では毎年新酒ができる季節になると、青い杉の葉を束ね丸く刈り込んで杉玉を作ります。月日が経てば徐々に茶色く変わり、 鮮やかな緑色に蘇ったときが新酒が出来たサインです。 

 武甲酒造社長 長谷川浩一さんによると、「昨年暮れからの厳しい寒さで発酵が穏やかに進み、綺麗なお酒に仕上がりました」と例年以上の出来栄えに誇らしげでした。

 同酒蔵の杉玉は軽トラック1台分の杉の葉を集めて作られています。直径約75センチ、重さは約40キロにもなり大人ひと抱えもあるほどの大きさには圧倒されます。
 かつてはどの蔵元でも蔵人が作りましたが、良質な杉の葉を手に入れにくいことや職人が減ってしまったことで外注制作が多く見受けられます。 
 しかし同酒蔵では昔ながらの製法で先月中旬頃から製作を開始し、蔵人たちの手で20日間程で仕上げました。

 

地図の中心へ
ルートを検索