期間2017年10月29日 9:00 AM~2017年10月29日 4:00 PM
場所秩父市・萩平歌舞伎舞台
内容

地元の萩平子ども歌舞伎や、秩父歌舞伎正和会が中心となって行われています。

萩平舞台は明治初期に地元民が建てた麦わら屋根作りの「農村歌舞伎舞台」で、埼玉県内にある農村歌舞伎舞台22カ所で唯一、県指定有形民俗文化財に指定されています。


萩平の諏訪神社の前庭をはさみ、向って右側に歌舞伎舞台、左側に精進堂が配置されています。
 同舞台は、農村歌舞伎の最も盛んであった明治初年頃の建築と伝えられ、規模は間口五間(9.09m)、奥行き三間半(6.36m)、茅葺・寄棟造で、廻り舞台・二重・せり上げ機能を備えている。
 この他、早がわりの工夫をこらした襖などの芝居道具も保存されている。